カジノゲームのルール

テキサスホールデムポーカーのルールやゲームの流れ

日本でも人気の高いトランプゲームのポーカーは一度はプレイしたことがある人も多いのではないでしょうか?

友達同士で遊んだり、ゲームセンターのメダルコーナーで遊んだこともあるという人もいるでしょう。

しかし、日本で普及しているポーカーはいわゆるドローポーカーと呼ばれているポーカーで、世界で普及しているポーカーはテキサスホールデムポーカーと呼ばれます。

日本のドローポーカーとはルールやゲームの流れが違ったり、ポーカーの場合は手札(ハンド)を覚えなくてはいけなかったりとするため、ポーカー未経験の方は覚えることが多いかもしれません。

ですが、覚えるだけの価値があるほどに楽しむことが出来るほどテキサスホールデムポーカーの魅力でもあります。

テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れについて説明をします。

テキサスホールデムポーカーのルール

テキサスホールデムポーカーのルールは、最初に2~10でプレイヤー同士でプレイヤーが配られた2枚のカードと共有札(コミュニティカード)の5枚の計7枚の組み合わせで7枚のうち5枚で役を作り、誰の役が一番強い役を揃えられるか競うゲームです。

純粋に一番強いカードを作れたらいいのですが、強い手札を作ろうとしても難しいため、駆け引きがとても重要になってきます。

例え自分の手が悪くてもブラフ(嘘)を使って自分は良い手であるように周りに見せたり、本当は良い手なのに焦燥した顔を見せたりとゲームの役以上に駆け引きが重要になってくる心理戦となります。

ポーカーフェイスの語源とも言われていて、表情を見せないということが大事になってきます。

テキサスホールデムポーカーの手札(ハンド)

テキサスホールデムポーカーの手札の役について説明します。上から順にハンドの強さとなっていて揃えるのが難しくなっています。

【ロイヤルストレートフラッシュ】・・・同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃った最強ハンド

【ストレートフラッシュ】・・・同じマークでなおかつ連続した数字の5枚カード

【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】・・・4枚が同じ数字を揃える

【フラッシュ】・・・同じ柄のカードを5枚揃える

【ストレート】・・・連続した5枚の数字を揃える

【フルハウス】・・・同じ数字3枚とペアの組み合わせ

【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】・・・3枚が同じ数字を揃える

【ツーペア】・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせ

【ワンペア】・・・同じ数字のペアが1つ

【ハイカード(日本ではブタ)】・・・何も役が出来ていない状態の

すべてをいきなり覚えようと思っても大変かもしれませんが、ある程度は覚えてからプレイするようにしましょう。

テキサスホールデムポーカーの用語

【ベット】・・・場にチップを賭けること。同時にチップ額も他のプレイヤーに伝える。

【コール】・・・場に賭けられている金額に合わせて同額のチップをベットすること。

【チェック】・・・賭け金を賭けず次のプレイヤーに回すこと。

【フォールド】・・・ゲームを降りること、この時点で負け確定となり、それまでの賭け金は失われる。

【レイズ】・・・賭けられている金額にさらにチップを上乗せすること。チップ額も同時に他のプレイヤーに伝える。

【リレイズ】・・・他のプレイヤーがレイズを行った場合、レイズ金額よりもさらに上乗せすること。チップ額も同時に他のプレイヤーに伝える。

【オールイン】・・・手元のすべてのチップを賭けること。

【ミニマムベット】・・・ゲームを開始するための必要な最低限のチップ額。

【ミニマムレイズ】・・・レイズする際の最低の額。

円滑にゲームを進めるために覚えておきたい用語ですので覚えてからプレイするようにしましょう。

テキサスホールデムポーカーのゲームの流れ

テキサスホールデムポーカーは、合計4回のラウンドに分かれてそのたびにベットするか降参するかなどの駆け引きが行われます。

・1回目のベッティング:第1ラウンド(プリフロップ)

手元に2枚のカードが配られた状態を第1ラウンドの「プリフロップ」といいます。手元の2枚のカードの時点で、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

・第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

ディーラーは、山札の一番上のカードを1枚捨てます。

これは不正防止のために毎回行われるものです。場に5枚のコミュニティカードのうち3枚のカードが表向きに並べられており、この状態第を2ラウンドの「フロップ」といいます。手元にある2枚のカードと場に並べられた3枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

・第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

第3ラウンドのターンで、カードが一枚めくられて場札に4枚目のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカード、ボードに並べられた4枚の合計6枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選択をします。

・第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンドのリバーで、場に5枚のすべてのカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカードとボードに並べられた5枚のカード、計7枚のカードの中から最も強いポーカーハンドを作ります。この時、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるか最後の選択をします。

全てのラウンドを終えてこの時点で残ったプレイヤー同士で勝負をして、勝ったものが勝利となり場の賞金を受け取ることが出来ます。

まとめ

テキサスホールデムポーカーは最初に手札の強さだったり、用語だったり、ゲームの流れなどを覚えなくてはいけません。

他のカジノゲームと比べると多少覚えることが多いため最初は戸惑われることも多いかもしれません。

しかし、プレイヤー同士の対戦はお互いに手を読ませない駆け引きはとても楽しく、緊張感あふれる勝負となります。

リゾートカジノ場で友達同士や家族で戦ったりしてもいいでしょうし、実際に他のプレイヤーと戦うこともあります。

オンラインカジノでもテキサスホールデムポーカーのトーナメントが開催されて賞金なども出たりすることもあります。

ルールを覚えるのは大変かもしれませんが、それ以上の興奮や面白さがあるのがテキサスホールデムポーカーですのでぜひともプレイしてみましょう。

関連記事

  1. スロットのルールやゲームの流れ
  2. ルーレットのルールやゲームの流れ
  3. バカラのルールやゲームの流れ
  4. ブラックジャックのルールやゲームの流れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく見られている記事

  1. カジ旅
  2. LuckyNiki(ラッキーニッキー)
  3. NetBet(ネットベット)
  4. 10Bet(テンベット)
  5. Williamhill(ウィリアムヒル)
  6. ブックメーカーとオンラインカジノが両方遊べるサイト
  7. PAIZA CASINO(パイザカジノ)

最新の記事

PAGE TOP