オンラインカジノ情報

オンラインカジノの気になる点

オンラインカジノを始めてみたいけどやっぱりまだ不安な部分多いと持っている人も多いでしょう。

どうしても魅力に感じていながらも不安を払拭できないでどうしようか悩んでしまっていると言う人も多いので、ここではまだオンラインカジノに興味があってもはじめることが出来ないという人が抱えている不安や気になる点をまとめて紹介していきたいと思います。

オンラインカジノって違法?合法?


オンラインカジノが違法なのか?合法なのか?これって多くの人がまず気にすることと思います。

結論から言ってしまうとオンラインカジノは現状違法ではなくてグレーゾーンと言われています。

なんだかスッキリしない答えだなって思われるかもしれませんが、このグレーゾーンも限りなく白に近いグレーゾーンと思ってください。

というのもオンラインカジノ自体を取り締まる法律が今のところないからです。

とは言っても今後オンラインカジノだけが取り締まりが強化されてしまうというのは考えづらいです。インターネットにおける法律と言うのは各国の法律に則って規制されると言うものです。

これは日本では賭博は禁止されていますが、海外で日本人がカジノ場で遊んでも問題がないのと同じです。

もちろんこれがオンラインカジノの運営が日本で行われていた場合は違法となってしまいます。またさらに明らかに日本人だけを優遇する措置、特別部屋などの設置をした場合も違法対象となってしまうようです。

しかし、これまでに大手オンラインカジノの違法でプレイヤーが有罪になったケースはありません。過去に単純賭博罪としてプレイヤーに対して略式起訴という形で罰金を与えました。

前に一度裁判でオンラインカジノをプレイしたことが罪ということを認めず、略式起訴を受け入れずに裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーがいました。そして、結果的には不起訴(無実)無実という判定が下されました。

つまり略式起訴を認めずに戦う姿勢を見せたら検察は途端に不起訴処分にしているのです。

一度日本でこういった裁判で判決が下されたらそれまでの判決例に則ることが多いので、実質的にオンラインカジノをプレイをしても違法ではないと言っても良いのではないかと思います。

慣例というものが日本では裁判などでは重視されるので結論から言うと、今後のプレイヤーの逮捕・摘発は限りなく「ない」と判断できると思います。

それは検察自体の過去の判断を覆すことになるからためです。

ただし、あまり怪しいオンラインカジノサイトを利用しないようにしましょう。

例えば日本人専用テーブルが存在するようなカジノやプレイ内容をブログやSNSに載せたりしなければ大丈夫です。

オンラインカジノをプレイをしたら逮捕されてしまうのではないかと思ってしまう人が多いですが、普通に大手のオンラインカジノをプレイをする分には問題がありませんので安心してもいいと思います。

不正操作されているのではないか?


オンラインカジノでは海外のサイトですから不正操作されてしまうのではないかって考えてしまう人も多いです。

しかし、まずそんなことは起こらないと思って良いでしょう。昔と違って今はライセンス制度が設けられていてきちんとした国や政府から承認を得ていないと運営をすることが出来ません。

かなり厳しい審査をクリアしないとラインセンス許可がおりないところもあります。

ソフトウェアに不正プログラムなどがあれば一発で運営停止どころか逮捕されてしまいます。日本は罪に対してどこか甘いところがありますが、海外ではものすごい厳しい処罰が科せられてしまいます。

そんなリスクを負わなくてもオンラインカジノでは世界中からアクセスが集まるので健全でまじめな運営をしていけばいいわけです。むしろ信頼が減ってしまうことのほうがオンラインカジノの運営側としては何よりも怖いことと言えます。

オンラインカジノの中にはわざわざお金を払って公正取引委員会を雇って不正がないかどうかの証明をしてもらっているところもあるほどです。

大手のオンラインカジノにおいてまず不正はありえないと思って良いでしょう。

安心して利用してもらって大丈夫です。

税金はかかるのか?


税金がかかるのか?という部分ですが、オンラインカジノでは税金が発生しますので注意が必要です。

なんで他のパチンコやスロット、競馬や競輪などでは税金が発生無いのにオンラインカジノだけかかるのって思っている人もいますが、それは勘違いです。

というのも本来ギャンブルに関しては一時所得という区分でパチンコやスロット、競馬や競輪で勝ったものや福引の賞金なども税金が発生するのです。

でも多くの人は「競馬にもパチンコにも税金なんか払ったことないし、税金を払えなんていうのも言われたこともない」と思うはずです。

競馬や競輪、パチンコなどでは税金がかかるということを知らなかったと思うはずです。

ではなぜ現実的にオンラインカジノ「だけ」が税金が発生するのか?というとそれは勝ったお金の受け取り方にあります。

競馬や競輪などでは銀行を通さずに直接現金を支払ってもらいますよね。またパチンコやスロットなどは景品を貰ってそれを換金所に持っていって現金をその場で貰うわけです。

つまり記録して残りません。

オンラインカジノの場合はどうかというと

「オンラインカジノ → 銀行などを介して支払われる → 本人」

という流れになります。

簡単に言ってしまえば記憶に残るか残らないかによって税金を支払う必要が出てしまうのです。現状ではパチンコや競馬は勝ったお金をその場で換金されて受け取っているので、銀行などの記録に残りません。そうなると、お金の流れを税務署側が把握できないため全ての取締りが難しくなり、大目にみられて見逃されているのです。

とはいえ税金を必ず支払わなければいけないということを頭で理解をした上でプレイをすれば何の問題もありません。

大事なのが税金を支払う必要があるけれどその計算方法はどういったものなのか?ということです。

確定申告を行う

納税の必要があると言うことですが、企業に勤めている人であれば企業側が自動で税金関係の処理をまとめてしてくれます。

しかし、オンラインカジノで買ったお金はプレイヤー個人の収入ですので自分自身で確定申告を行い納税をする必要があります。

そもそも税金というのはその年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかってしまいます。そして翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告を行わなければいけません。

たとえば、2017年の4月にオンラインカジノを始めた方は、2017年の12月31日までの収入を2018年の2月16日から3月15日の間に確定申告します。2018年に入ってからの収入は含みまれません。

申請し忘れだけには注意してください。ついつい確定申告が面倒になってしまって先延ばしにしてしまう人がいますが、むしろ早めにいって済ませてしまったほうがいいと思います。

毎年2月16日から3月15日の間は激混みで半日ほどかかってしまいます。アトラクションの待ち時間ぐらい並びます。出来れば暇を潰せる携帯ゲーム機や本などを持っていくことをオススメします。

特に最後の週とかはすごいです。

駐車場もいっぱいで埋まっていたり、並ぶ際にも列をなしていたりするので、むしろ確定申告が始まる最初の平日に行くことをオススメします。

課税の算出方法

先ほどもいいましたが、オンラインカジノで稼いだお金は一時所得という扱いになります。

【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

オンラインカジノで勝った儲けから掛け金を引いて、特別控除額を引いた金額が一時取得となります。

また50万円未満の儲けであれば【特別控除額】として控除されるため、納税の必要はありません。

ただし、気をつけなければいけないのがこの支出金額に損失額は含まれないと言う点です。

例を出すと「4月4日に50万賭けて200万稼ぎ、4月21日に100万賭けて150万負けた」場合の支出金額はいくらになると思いますか?
正解は、「50万円」です。「150万円」と考えた人もいるかもしれませんが、負けた分を含めて300万と考えた方もいるかもしれませんが正解は「50万円」です。

というのもあくまでも所得が発生した時のみ適応されるので、簡単に言うと「勝つたびに課税される」と考えると良いでしょう。

そのためよく申請をするときに1年分の総支出で計算をしてしまう人がいますが、これは誤りです。後からまとめて税額を計算すると負けたときの支出まで【支出金額】に計上してしまいがちなので注意しましょう。

収支に関してはなるべくこまめに記録するのがいいです。毎日どれだけ勝ったのかを正しく計算しておくことでお金の賭けすぎの防止にも役立ちますので1日の

確定申告に必要な書類

確定申告を行うときに、せっかく並んだのにも関わらず書類不備でやり直しというのはとても必要となる書類は以下の通りです。

・源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
・支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)
・経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

「支払調書」に関しては、オンラインカジノに直接問い合わせて受け取ることもできますし、自身で収支明細をプリントアウトしたり、自分で帳簿をしたりしても大丈夫な場合があります。

会社に知られたくないと思ったら給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法という欄にある【普通徴収】にチェックを入れることです。

ここにチェックを入れないとお勤めの会社に届いてしまいますので気をつけましょう。

副業が禁止されている場合はどうして所得が増えているの?って問い詰められてしまいます。とはいえオンラインカジノでちょっと当たっちゃいましてって言えば別に特に問題にはされないと思います。

副業として捉えてプレイをしていますが、世間一般的にはただの娯楽という認識をしているのがほとんどですので理由をしっかりと明確にしておけばいいと思います。

まとめ

唯一気をつけなければいけないのが税金がかかり、一時所得という計算をしてしっかりと申請をしなければいけないということです。

しかし、税金は納めてさえいれば何も問題がないので売り上げと損失分をしっかりと把握しておけば別にそこまで怖いものでもないです。

オンラインカジノは一夜にして大勝ちしてしまう人もいてそこで申請をしたくないと思ってしまうかもしれませんが、きちんと申請をして税金として納めれば何の問題もないのです。

どうしても海外のサイトを利用するのは不安に思うかもしれませんが、1つ1つ自分の中で解決をしていきましょう。

関連記事

  1. オンラインカジノで支払う税金の計算方法について
  2. 大手優良サイトの条件
  3. オンラインカジノを利用するメリット
  4. オンラインカジノについて
  5. オンラインカジノをスタートする際の全体の流れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく見られている記事

  1. LuckyNiki(ラッキーニッキー)
  2. NetBet(ネットベット)
  3. 10Bet(テンベット)
  4. Williamhill(ウィリアムヒル)
  5. ブックメーカーとオンラインカジノが両方遊べるサイト
  6. PAIZA CASINO(パイザカジノ)

最新の記事

PAGE TOP