オンラインカジノ情報

本場のカジノを楽しむ為のルールや確認しておきたいこと

オンラインカジノを利用してルールを覚えたら多くの人がいつかは本場のカジノ場でも遊んでみたいと思うことでしょう。

カジノ場に一度でも足を運んだらわかりますが、リゾートカジノは本当に豪華絢爛、風光明媚の空間は日常を忘れさせてくれます。

しかし、カジノ場に足を運んでも実際にプレイせずにただ、記念に来てみただけだとか、入場しても入るだけで別に遊ばずに遠目から眺めているだけの人もいるのです。

なぜ遠目から眺めているだけなのかというとそれはルールがいまいちよく分かっていないためです。

ゲームセンターのメダルコーナーなどでカジノゲームを遊んだことがあったり、トランプゲームで遊んだ人もいるかもしれませんが、忘れてしまったとかなんとなくしか分からないと

言う人はどうしても引け目を感じてしまって参加できずに終わってしまうようです。

現地の言葉が分からなくてもゲームのルールさえ分かっていれば流れは分かりますし、なんとなくスタートできるものです。

ルールを覚えようと思ったときも本やネットでルールを覚えようと思っても本番に近い形でプレイをしたほうが数多に入りやすいですよね。その点オンラインカジノはカジノゲームとまったく同じルールでプレイできるわけですからうってつけと言えます。

是非ともオンラインカジノでルールを学んで本場のカジノ場でプレイをしてみましょう。

ここでは本場のカジノを楽しむ為のルールや確認しておきたいこと、禁止行為などを紹介していきます。

カジノ場での禁止行為

本場のカジノ場においてしてはいけない禁止行為を紹介していきます。店員や警備員などに目を付けられないようにしましょう。

店内の写真撮影

せっかくカジノ場に来たんだから記念に写真を撮りたいと思うかもしれませんが、店内の写真撮影は禁止です。

もし写真を撮ってしまったらスタッフがかけよってきてすぐに止めるように言われるか、もしくは画像を消すように確認されます。

これはカジノ内でのプライバシーだったり、セキュリティの面から禁止されています。

カジノ内の華々しい雰囲気を旅の思い出に残したいとか、SNSにアップしたいという気持ちも分からなくはないですが、禁止ですので撮影許可エリアだったり、店の外で食べるようにしましょう。

子供を連れての入場

カジノ場は入場制限がされており、国によって入れる年齢は違いがあります。

また子供は例外なく子供の入場は禁止です。幼くて抱きかかえるぐらいの赤ちゃんで常に親が抱っこしている状態であれば入場してもいいと思っている人もいるかもしれませんが、入場できません。

むしろそれぐらいの子供がいるのにカジノ場に連れて行こうと思ってはいけないと思います。

子供の入場は出来ませんが、カジノ場の中にはキッズスペースが併設されています。

そのためキッズスペースに親と一緒に入ることは出来るので、どちらか一方が見守りながら交代制でカジノをしても良いですし、1日交代制で見守って良いでしょう。

旅行となるとどうしても子供よりも大人が楽しいもので子供は退屈になってしまいがちですが、キッズスペースでならば子供も遊べるので事前に確認しておいても良いでしょう。

 

ディーラーと現金の直接渡す行為

よくやってしまいがちなのが、ディーラーに直接お金を渡したりチップの交換をしようとしてしまうことです。

テーブルの上で交換をする際は必ずテーブルの上で交換のやり取りをして下さい。これはいくら受け取ったとか払ったとかのトラブル防止の為です。

必ずお互いに現金とチップがきちんと見えた状態で渡すようにしないといけないのです。

また、ディーラーがゲームの進行をするさいにこれ以上は賭けることができない、「 NO MORE BET 」とコールされたらそれ以降はチップに触れることは禁止されます。

不正防止のためです。

ゲームに勝った後もきちんとディーラーから払い戻しで上乗せされるまでチップに触れてはいけませんので気をつけましょう。

ゲームを円滑に進めるためですのでディーラーの指示に従うようにしましょう。

 

他のお客への迷惑行為

カジノ場のみならずしてはいけないのが他のお客さんに対する迷惑行為ですよね。

特にリゾートカジノ場だと海外旅行に出かけていてテンションが上がってしまいますし、団体行動をとると集団心理が働いてしまいます。

さらにカジノ場ではお酒が飲み放題となっているので気持ちも高ぶりやすくなってしまいます。

ギャンブルをしていてお酒が飲んでしまうことで大声で騒いでしまったり、他のお客へと絡んでしまったりすることもあるでしょう。

他のお客も良い思い出にしたいと思っているのに絡まれたら気分が害されてしまいますし、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

またそういった行動をするとすぐに警備員が来て最悪逮捕されてしまいます。日本と比べると海外は厳しい処罰が与えられてしまいますので他の周りに迷惑かけずに良い思い出にするように心がけましょう。

カジノに行く前に確認したいこと

カジノに行く前に事前に確認しておいたほうがいいものを紹介していきます。

入場できる年齢確認と年齢証明書

カジノ場は年齢制限が設けられていて、その年齢に達していないものはたとえ親が同伴であっても入場することは出来ません。

子供の場合はキッズスペースなどが併設されているカジノ場もあるのでそこを利用するのが良いでしょう。

また入場できる年齢というのは国や州・領などによってそれぞれ分けられていて、イギリスでは18歳から入れてもギリシャでは23歳以上から入場可能だったりします。

事前に確認しておかないと、いざ入場しようと思ったら年齢制限に引っかかって入れなかったら残念ですよね。

ですので、必ず自分が行く前に年齢確認だけはしておかなくてはいけません。

18歳から入場可能 19歳から入場可能 21歳から入場可能 23歳から入場可能
イタリア
イギリス
オーストラリア
フランス
ドイツ
(※場所によって25歳~と異なる)
韓国 マカオ
シンガポール
アメリカ
フィリピン(セブ島)
・男性は21歳以上
・女性が18歳以上
ベルギー(会員制)
ギリシャ

また日本人は見た目が若く見られがちで、ある程度の年齢に達していても念のために身分証を持参しておかないと入場できません。基本的に年齢チェックは受けるものと思ってください。

運転免許証でもは入れるかもしれませんが、パスポートは世界共通の証明書でもあるのでパスポートを持参しておけば間違いないでしょう。

 

ドレスコードの有無

カジノ場はドレスコードが必須でした。

しかし、今はある程度緩くなっていて、カジュアルスーツなどのジャケットを一枚羽織った状態であれば入場は可能ですし、女性もちょっとお高めのレストランに入るぐらいの衣装であれば入場できます。

さらにラスベガスのカジノ場の中にはTシャツでジーパンといった襟もないカジュアルな服装でも入場できるところもあります。

ラスベガスに暮らしている人が気軽に入れるようにした配慮でしょう。

とはいえ基本的にはジャケットを一枚羽織るカジュアルオフィスで向かうようにしましょう。

ただ、出きる事ならばカジノは非日常空間です。ですからその時だけは普段着ないようなタキシードに身を包んだり、女性もドレスを着たりしてその場の雰囲気に溶け込めるようにしたほうがより楽しめると思います。

記念に残りますので是非とも大いにかっこつけてください。最初は照れくさいかもしれませんが、旅の恥はかき捨てともいうので楽しみましょう。

喫煙エリアがあるのかどうか

世界的に禁煙化の流れになっていて基本的にどの国でも公共の場での喫煙は禁止されています。

日本はまだ緩く公共の場でも分煙スペースで喫煙が出来たりしますよね。路上喫煙していてもそこまで厳しく罰せられることはありませんが、海外ではかなり厳しく取り締まられています。

しかし、カジノ場ではある程度喫煙できる環境になっています。あまりきつく規制してしまうと客足が遠のいてしまうためです。

もともとカジノ場は強力な空気清浄機や換気扇が配備されているので喫煙できる環境は整っています。それでも全面禁煙のカジノ場もあります。

また喫煙スペースがあっても場所によってはかなり遠いところに喫煙スペースがあったりするので事前に喫煙できるのかどうか?また何箇所に吸えるところがあるのかは確認しておいたほうが良いでしょう。

まとめ

オンラインカジノでルールを覚えたら是非とも観光地の目的の1つにカジノ場で楽しむことを目的としてください。

眩しいまでの豪華な会場を楽しんだり、重厚で格式の高い雰囲気たっぷりのカジノ場で楽しむのもいいでしょう。

友達・家族・恋人などを連れていって楽しみましょう。みんなルールが分からなくてちょっと尻込みをしている中で貴方が普通にプレイをしていたら羨望の眼差しで見られることでしょうし、みんなに教えながらプレイをするととても盛り上がると思います。

ステキな楽しい思い出に残ると思いますので是非ともルールを覚えて事前に確認すべき事を確認してから行くようにしましょう。

関連記事

  1. 大手優良サイトの条件
  2. オンラインカジノの気になる点
  3. オンラインカジノを利用するメリット
  4. オンラインカジノについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく見られている記事

  1. PAIZA CASINO(パイザカジノ)

最新の記事

PAGE TOP