オンラインカジノ情報

オンラインカジノで支払う税金の計算方法について

オンラインカジノで意外と見落としがちなのが税金関係です。

オンラインカジノでは税金が発生します。

ギャンブルなのに税金がかかるの?って思われるかもしれませんが、税金はかかります。

ここでは日本のギャンブル競馬や競輪・パチンコなどではかからないのにも関わらず、なぜオンラインカジノだけが発生するの?って思っている人も多いかもしれません。

ここではオンラインカジノの税金について説明をしていきます。

オンラインカジノだけかかる理由

なんでオンラインカジノだけが税金がかかるの?海外のサービスだから?って思うかもしれませんが、これは半分正解で半分外れです。

というのもそもそもオンラインカジノだけではなくてギャンブルには税金が発生します。

え?って思うかもしれませんが、ギャンブルは「一時所得」という税金に区分されており、これはギャンブルの他にも宝くじ(税金がすでに引かれた状態)や商店街の賞金くじなども当てはまるのです。

でも競馬で当たったらから税金を納めているとか、パチンコで大勝ちしたから税金を納めたと言うのは聞いたことがありませんよね?そもそも税金が発生すると言う認識ですらないと思います。

なぜ税金を払っていないのにも関わらずお咎めがないのか?というと競馬や競艇・競輪などはその場で現金に換金されますよね。

パチンコやスロットに関しても三点方式で景品を現金に変えて換金しているのです。

すなわちお金の流れが記録されないですよね?

記録されない異常は税務署がお金の流れを把握しづらいため実質的に見逃されているのです。

お金の流れが把握できない?っていまいちピンと来ないかもしれませんが、オンラインカジノではどうなのかというと最初にオンラインカジノに入金する際にクレジットカードなどでお金を振り込みます。

そしてオンラインカジノで勝ったお金をオンライン決済サービスから振り込まれます。

お金が振り込まれたりするのためお金の流れが把握できます。

言ってしまえばお金の入金履歴があるかどうかで判断されてしまうのです。

税金の考え方

オンラインカジノをはじめとしたギャンブルや宝くじや商店街の賞金などは一時所得という税金に区分されます。

この「一時所得」というのが一般的な税金の考えと違います。

一般的な税金の考え方としては一年間のトータルの収支をつけて計算をするものですが、一時所得の場合は違います。

一時所得では損失は計上されません。

言ってしまえば利益が出た分だけ計上されるのです。

ちょっと分かりやすくする為に極端な例を出します。

オンラインカジノで1月に100万円勝ったけど2月に100万円負けてトータルで言ったら差し引きゼロだとします。これでオンラインカジノを利用するのを止めたとします。

しかし、一時所得の考え方としては損失は計上されませんので100万円の利益という計算になるのです。

もっと極端に言うと100万円買って次の月に200万円負けてしまったとしたら100万円の損失にも関わらずさらに税金を支払うと言う扱いになってしまうのです。

もちろんこれは極端な例で、分かりやすくしているためでこんな極端なことになることはありません。

ただし、損失は計算できないと言うことは頭に入れて起きましょう。

税金の計算方式

一時所得の税金の計算方法について説明をします。

一時所得の計算方法
【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最大50万円)】

これを先ほどの100万円で計算をして見ましょう。

【50万円】=100万円-0-50万円

支出というのはオンラインカジノでは計上するものはないのでそのままゼロで計上します。

特別控除額は最大50万円のため年間を通して得た利益が39万円とか49万円だった場合50万円に達していないので税金の申告をする必要はありません。

あくまでもトータルの収支が50万円を超えたときに申請が必要なのですが、オンラインカジノの場合は還元率が高いので税金の計算方法は覚えておかなくてはいけません。

ここでは50万円が税金の支払い対象になりますので覚えておきましょう。

とはいえ丸々50万円を支払うと言うことではないので安心してください。

税金の計算は面倒ですのでもし困ってしまった場合はサポートスタッフに遠慮なく聞いて相談をしてみましょう。

確定申告について

税金の計算が分かったら確定申告を行わないといけません。

確定申告の時期というのは翌年の2/15~3/15の間に行う必要があります。

つまりその年の1月からオンラインカジノを始めて12月までのトータルの税金の計算をしたら翌年に申告をするのでタイムラグがあるため忘れやすいので気をつけるようにしましょう。

申告する場所は最寄の税務署や出張所になるのですが、この時期は1年で最も込み合っている時期です。

車の駐車場は満車であることが多いので出来ればバスやタクシーなどを使って行く様にしましょう。

確定申告で必要な書類

確定申告の際に持っていくのは以下の3点です。

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始に企業から受け取る)
  • 支払調書(オンラインカジノ側に年末年始に受け取る)
  • 経費の領収書(総所得が300万円以下の場合は不要)

経費はオンラインカジノではかからないので気にする必要がないので上の2つになります。

支払い調書はオンラインカジノ側に伝えれば出してくれますが、自分で計算したものを持っていっても大丈夫です。

こちらを持っていくことが大事です。

普通徴収にチェックを入れる

確定申告をする際に気をつけなければいけないのが確定申告の2面に書かれている「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄にある【普通徴収】にチェックを入れておくように

会社に書類が届いてしまいます。

その場合本来貰っている給与とのズレが生じてしまいますので、副業をしていると疑われてしまいます。

副業をしてもいい会社はいいかもしれませんが、副業禁止の会社もまだ多いですし、副業をしていることをバレたくないという人もいます。

副業をしていないのにも関わらず副業していると思われたくない人は事前にチェックを入れましょう。

まとめ

税金だったり、確定申告は普段は会社に任せている人も多いですし、苦手意識を持っている人も少なくありません。

そのため腰が重かったりしますよね。

ですが毎回の収支はギャンブルをする以上、自分が勝っているのか?どれだけお金を使っているのかを冷静に判断する上で必要なことですし、確定申告は1年に1回行えば良いだけです。

収支の延長線上に確定申告をすると思って必ず報告をしましょう。

一番してはいけないのが面倒だからと言って確定申告をしないと申告漏れとなってより税金を支払うことになってしまいます。

必ずオンラインカジノをする以上は税金が発生しますので必ず申告をしましょう。

初めてするわけですから分からなくて当たり前です。一人で悩むよりはオンラインカジノの運営側に聞いてみるのも1つの手と言えます。

 

 

関連記事

  1. オンラインカジノを利用するメリット
  2. 大手優良サイトの条件
  3. オンラインカジノについて
  4. 本場のカジノを楽しむ為のルールや確認しておきたいこと
  5. オンラインカジノの気になる点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よく見られている記事

  1. PAIZA CASINO(パイザカジノ)

最新の記事

PAGE TOP